読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だいだらぼっち

惚気ときどき猫のちゲーム

それは信仰(崇拝)か、尊敬か

自分用メモ

根っこから、尊敬している人がいるって話。
チラ裏です。

 昔、好きだった人を忘れられないって普通の、日常のシーンで良くある話だと思う。
ただ、それを引きずって新しい恋人ができてもその昔の人と比べてしまうのは良くない。(何年か前までの私はこっちでかなりダメな女だった)

その、「昔、好きだった人を忘れられない」っていう意味合いが、
“男として”好きなら割と健全だと思うし救えると思う。

でも、私は違う。

昔好きだった人は私の中で見事に神格化して、
男だとか、人間とか、そういう次元を超えていった。
彼を超えられる人間はこの世にはいないのだ、と思う事で諦めがついたから他者と比べることはしなくなった。
但し、忘れる事もできなくなったけど。

愛してるだとか、好きだとか、もうそういうベクトルではなくて、
純粋に尊敬。人ではなく神として。

「今、その人が目の前に現れたらどうする?」って聞かれたけど、
私が知っている、人としての彼を好いているわけではなくて、
今は私の中で勝手に神格化されてしまった彼を尊敬しているだけだから
きっと他に好きな人がいたら好きな人は変わらないかな、無茶苦茶動揺はしそうだけどw

人としての彼は、過去の人としてきちんと気持ちの整理はできている。(確かに随分時間はかかったけど)
ただ、私の中で勝手に神となった彼を未だに尊敬し続けてはいるから見ようによっては「アイツ引きずってんな~」って思われるかもしれないから気を付けよう。

 

私自身も「ぷらすたさんがそんな人だったと思わなかった」って言われるシーンは多いけど、
そういうのってきっと私が神格化されつつあったのだろうなぁ。

勝手に神格化してもらうのはいいけど、人である私にそれを求めるのはちょっと酷すぎるんじゃないかなって思うけど。
まぁまたそれは別の話。